食物酵素

 

酵素は、
・消化促進
・腸内細菌の活性化
などいろいろなシーンで期待される人気のアイテム。

 

そんな酵素ですが、
・これから飲もうと思って飲み方を調べている
・飲んでいるけど実感が無い
・もっと効果的な飲み方をいろいろ試している
こうした人も多いようです。

 

そこで、体調を整える目的でいろいろ飲んできたわたしの経験を踏まえて、
・そもそも飲み方ってある?
・一番良い飲み方は?
・いろいろ言われていることの真実は?

 

事実なのか都市伝説なのかわからないほど溢れている「酵素の飲むタイミング」についてまとめてみました。

 


酵素 朝 夜どっち

酵素の飲み方では、朝と夜の二者択一論が一般的。
その理由は、
・朝は体内の代謝酵素が優位だから
・夜は基礎代謝で静かに眠っているので無用
というようなところです。

 

体内で消化のための準備が整う昼間(ランチタイムとか)はほとんど議論なし。

 

結論からすれば、「どっちでもいい」、「自分の体調に合うタイミング」ということです。
(検索エンジンのスニペットとは大きく違いますが(^-^;)

 

その理由は、
・そもそも胃を通過する時点でほぼ不活する、分解される
・酵素を経口で食物として取り入れても体内で酵素として働くわけではない(体内酵素の代わりにはならない)

 

そもそも、市販されている酵素類は健康食品です。
普段の生活を補うためのものです。
食事のタイミングで飲むことが推奨されています。

 

これからの夏場、汗のニオイが気になりますが、
・市販のデオドラントではワキガは治らない
これと同じです。

 

日常生活をフォローするもの、
・偏った食事
・不規則な食事
こんなリズムが乱れた生活を補うためのもの。

 

【疑問だらけ】食品由来の酵素を摂取して代謝や消化促進?

植物酵素を体内に食べることで取り入れても、酵素として働くことはありません。

 

・胃で分解されてしまう
・腸に届いても酵素として消化に直接的に働かない

 

これが医学、科学的事実です。

 

それでもなお消化に良いとされるのは、
・食物自体が持つ酵素による消化
(大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素があり食べると消化に良いとされる)
・発酵させた酵素もあり発酵食品として良い働きをするという考えがあるからです。

 

酵素製剤は医薬品(消化剤など)

一方、病気を治療するための「酵素製剤」というものはあります。
消化を助けるための薬として使われているものです。

 

これは、ヒトの酵素(体のいろんな部分でいろんな役割のために造られている)を化学成分として造ったもの。
副作用もあり、医師の処方が必要です。

 

医薬品ですから、副作用の関係からも、飲み方や飲むタイミング(服用するための決まり事)がきちんと決められています。

 

これら消化を助けるための酵素は、市販の「食物発酵」ではなく化学製剤であり、治療目的のもの。
ドラッグストアや通販で誰もが買えるものではありません。

 

健康食品として販売されている酵素やドリンクにはこうした決まり事はありません。
・健康食品には副作用といった重篤な事態を引き起こすような成分は入っていない(入れられない)
・食品なので、空腹時など適時に取ればそれでよい

 

結局、酵素や酵素ドリンクには「飲むタイミングという決まり事はない」ということです。

 

ただし、食べ物ですから注意は必要です。
・カロリーや糖分
・原材料に対するアレルギー
他の食べ物と同じような注意は必要になります。

 

面白メモ
世界で初めて消化酵素を発見したのは、日本人の高峰譲吉博士です。
夏目漱石の小説にも主人公がタカジアスターゼという消化剤をのむ様子が書かれています。

 

あいまいな情報が、酵素や酵素ドリンクに対する大きな勘違いを広げてしまっています。

 

「酵素 朝 夜どっち?」 これも、勘違いが原因で生じた誤った疑問のひとつです。

 

【参考】
できれば飲み忘れ防止のために食事の前後など。
胃腸が弱い方は、食後に。
https://www2.kobayashi.co.jp/suppl-qa/vege_enzy_ex/108/
(小林製薬)

 

 

酵素ドリンク 飲むタイミング 寝る前

とはいうものの、それでもいつ飲むかはやはり気になります。
せっかく買ったのだからより良く使いたい。
できるならより良く働いて欲しい。
これは当然の気持ちです。

 

日常生活では忙しくてなかなか飲むタイミングがない。
飲み忘れが多いので、できれば帰宅して寝る前に飲みたい。
こんな人は多いようです。

 

酵素や酵素ドリンクを夜寝る前に飲むことはどうなのでしょうか?

 

夕食のカロリーを考える

 

酵素やドリンクにもカロリーがあります。
もし、普通に夕食を済ませたうえで、さらに酵素やドリンクを飲むとなるとその分のカロリーが上乗せになります。

 

オーバーカロリーになる恐れがります。

 

仮に、謳い文句が「消化を助ける酵素、酵素ドリンク」であったとしても、自分のカロリーを上乗せするのですから本末転倒?

 

糖分(糖質)に注意

実は、酵素やドリンクはかなりのカロリーがあります。
思っているよりもずと高カロリーなこともあります。

 

特に注意したいのは 糖分(糖質) です。

 

果物や野菜が原材料のものは糖分が高い傾向があります。

 

カロリーというと脂肪が思い浮かぶでしょうが、糖分こそくせ者です。

 

脂肪も消化されて最後にはエネルギー源としてグリコーゲンなど糖分となります。
使われずに余ったならば体内に蓄積されます。
これが肥満の原因です。

 

糖分を取るということは肥満を助長することになるわけです。

 

もし、夜寝る前に糖分の多い酵素やドリンクを飲むと、、、
・寝ている間は「基礎代謝」でしかエネルギーを消費しない
・飲めばせっせと消化され、どんどん余るので体に蓄積される

 

寝ている間に肥満道を歩むことになりかねないことに。

 

もし、消化や腸活目的で寝る前に酵素やドリンクを飲むなら、カロリー計算と糖分の量を確認することをおすすめします。

 

酵素 効果的 取り方

「食事の前に取ることで食事の消化を大きく助けることができる」というのは本当?

 

もしこれが本当なら食事の前に取るのがおすすめです。
しかし、これも大前提からしてとても疑問です。

 

先に書いたように、酵素自体(食物酵素)を食べ物として取っても、
・胃でアミノ酸に分解されて酵素ではなくなる
酵素そのままで体で働くことはないからです。

 

食物の食べ合わせで、事前に他の食物を柔らかくする、苦みを消すなどの効果はあります。
しかし、そこまでです。

 

もし、酵素が酵素のまま体内で働くとしたら、何らかの影響が(ときに重大な)あるはずです。

 

現行法令ではそのような強力な成分を配合したものを健康食品として扱うことはほぼ認められないでしょう。

 

とても大事なポイントですが、
・食品由来の酵素を摂取することで消化が促進される
こうした考え方には、
・議論の余地が残っている
・明らかな科学的な根拠が無い
ということです。

 

万田酵素 飲むタイミング
あかまる酵素 飲むタイミング
えがお 酵素 飲むタイミング
爽快酵素 飲む タイミング

 

全て同じです。

 

 

ページの先頭へ戻る