3か月でサイズアップしたメモを大公開!

貴女もきっとできる!
バストアップブラ

モテフィット 効果無し?|買わない方がいい?じゃあ、なぜ人気?

ナイトブラ、バストアップブラの中で、モテフィットを考えている人はとても多いです。
モテフィットは、ナイトブラの中でほぼ一番人気のブラです。
時期によって少しの違いは出るものの、ネットの検索ではほぼトップを維持しています。
(モテフィット、Angeliirふんわりルームブラ、ビューティーアップナイトブラの順)

そんなモテフィットだけに、口コミや評価が多く掲載されています。
そのせいか、「モテフィットは効果が無い」といったものもみかけます。
今からって考えている人にはとても気になる情報ですよね。

そこで、モテフィットの満足度について、少し調べてみました。

そもそもサイズ展開が悪かった

モテフィットは発売してかなりの時間がたっています。
それだけにユーザも増えていて、いろいろな感想がアップされています。

そんな中で指標となるデータとして、

・モテフィットを使った人が実際に不満を持って原因を調べている割合
・モテフィットで効果が無いということを再度自分で調べている割合

この2つに注目してみました。
(※これらの数は、普通の人では調べる方法がありません。ネット状のデータを扱う特別なデータを用いています。)

その結果、モテフィットを使ってみて、

モテフィットに不満な人

★不満がある人は 9.3%
★不満があってさらに詳しく調べている人は 0.97%

合計で「10.3%の人が不満を感じている」という結果になりました。

モテフィットの公式サイトや、大手女性誌の集計でも満足度は「89%」と記載されています。
当サイトの集計では「89.7%(100-10.3)」ですから、一致しますね(^^)

じゃあ、なぜ、こんなにも「効果が無い」といったことが言われるようになったのでしょうか?
ここからは、その原因を説明していきます。

サイズ展開が少なかった

実は、モテフィットは発売当時にはMとLの2サイズしかありませんでした。

Mサイズは、カバーする大きさが、アンダーバストで「65cm~75cm」です。
なので、アンダーが65cm以下の人も「仕方なくMサイズを買うしかなかった」のです。

また、Lサイズは、カバーする大きさが、アンダーバストで「80cmまで」です。
中には「太目で形を整えたいという目的」で買う人もいて、その女性たちが「窮屈」という口コミを出していたのです。

正直なところ、この2サイズ展開にはまらない女性が多くいました。

それで、発売当初は人気があったのですが、そのうち、サイズ展開が4サイズ揃っている他のナイトブラにかなり人気が移っていました。

それでも”てんちむ流”は実際に効果があったので、あきらめきれずに無理やり小さなバストにMサイズを使っていた。
こんな状況がありました。

当然ですが、ブカブカ感いっぱいな女性も出てきます。
その女性たちが「不満の口コミ」、「効果が無い」口コミの投稿者となっていたのです。

いくら「寄せる機能」があるブラでも、ブカブカでは寄せることはできません。何も起きないのも当然。
でも、字数が多くないネットの口コミ投稿ではそこまで詳しくは語られていません。
単純に「評価点と今の感想」だけになりがちです。
それで、「0.97%の女性はさらに詳しく調べなおしている」という状態になっているようです。

モテフィットが進化して3サイズ化!AAカップもしっかりフォローできるブラになった!

サイズ展開が少ないことで評価で損をしている感があったモテフィットですが、ついに3サイズになりました。

しかも、待望の「Sサイズ」が追加されたんです(^^)/

これまでは、アンダーバスト65以下の方も仕方なくMサイズを選ぶしかなかった、、、。
それが、今回「Sサイズ」が追加されたことで、

☆アンダーバスト60~65までの女性が「Sサイズ」でぴったり使えるようになった
☆カップサイズは「SサイズでAAからB」までをカバー

こんな具合にサイズ展開が変わったことで、これまでよりも自分にフィットするものが使えるようになりました。

このサイズ展開が増えたこと、「Sサイズ」ができたことはかなりの効果があったようです。
検索人気も急激に増えています。
ほかのブラに流れていた人気が戻ってきています。

実際のところ、

・ブラだけでバストのサイズアップは難しい
・何か他のことにも取り組む人が多い

そういったことに気づき始めた人も多いのでしょう。

実際にてんちむがやっていたことを取り入れることができる点では、モテフィットは唯一の存在です。
それで改めてモテフィットの人気が再燃しているようです。

ネガティブキャンぺーンの減少

実は、ネットの口コミでは「気持ちのゆらぎなども大きな要因になる」ことがあります。

例えば、ネット上で、

・効果ない?
・大きくならない?

そんなタイトル、見出しを多く見かけると、自分の気持ちもそちらに振れることがあります。
自己判断よりも大きく片方にブレるのです。

その原因が「ネガティブキャンペーン」です。

これは、モノを売るための方法論である「マーケティング」の手法です。
人間はもともと「守りが優先」する感情を持っています。
「悪い、良くない、ダメ」といった言葉の方が目についたり、印象に残るのです。
自分を守るための本能として備わったものです。
それを逆手にとって、「読んでみようかな」と思わせるためにわざと反対の見出しを付ける
それがネガティブキャンペーンです。

たくさんの悪い見出しが目につくようになると、自然にその商品の印象も悪くなります。
実際に使っている人も、「やっぱり?」など悪い方向に気持ちが振れることもあります。

実際に読むと「ちゃんとした良いことが書かれている」ことの方が多いにも関わらずです!

ネットではステマ(ステルス・マーケティング)と言われる「高感度操作」が有名ですが、ネガティブキャンペーンも同じくらい多いのです。

でも、実際のアンケートがあったりして悪い数字も見たけれど?

アンケートはとてもやっかいなものです。

実際にその結果が正しいかどうかは「統計学的な条件を満たす」必要があります。

そのため、アンケートの対象者など、始める前から統計学的なことを考えた上でなければ信頼性のある結果は求められません。

お薬では「偽薬効果」もありますから、それを考慮しなくてはなりません。
普通の製品なら、使用条件を揃えたりといった分母を揃える作業も必要になります。

最近では、コロナ治療薬「アビガン」が有効性を示せませんでした。
これは、実際に投与された人数があまりにも少なくて、統計上「有意(はっきりとした意味のある結果)」とはならなかったことが原因とされます。
実際に、他の国では有効という結果が出ています。

このように、ネットアンケートは実際にはかなり不正確なこともあります。
(私は、IT企業に勤めていますし、大学で統計学を、プログラマーとしてデータ関連の勉強をして資格を取っています。)

モテフィットの真の満足度は、このサイトで先にお伝えした数値である89.7%から、公式サイトの89%が確からしいと思います。

もし、疑問があるなら買わなければ良いと思います。
なぜなら、今書いたように、「信じられないものは効かない」からです。

世界一の名医と言われる先生に診てもらった時点で症状が好転する人すらいます。
それだけ、人間の感情や信頼の気持ちは実際の体にも大きく影響します。

モテフィットを買う動機は、”てんちむ流”を信じるからモテフィットを買った人がほとんどです。
ですから結果も出やすいといえます。

てんちむ自体に信頼を持っていないなら、結果の数値も悪くなる可能性があります。
特に女性はその傾向が強いです。

もし、モテフィットを考えているなら、次の点をもう一度確認してみてください。

・新たな小さいSサイズでAAカップの女性も満足できるものになった
・実際に”てんちむ”が自分流でバストをAからD(最終的にはF)にしたノウハウが詰まっている
・これまではサイズが合わないことが悪い口コミにつながっていた

モテフィットは「映えるバスト目指す貴女の魔法のブラになりそうですか?」

そんな予感があるなら、ぜひ試してみてください。
勘や予感無視できない成功の要素です。
恋愛と同じです。
逃がすとチャンスは訪れませんから。

ABOUT ME
アバター
ゆうちゃん
Writer:ゆうこ(いわせ-ゆうこ) ・IT企業の外販OL。るか先輩とデータ重視のコスメや美容系サイトで情報発信しています。ちょっと恥ずかしい体験ですが、これも誰かのためになるかな?と掲載。 ・るか先輩は元コスメメーカーの社員で美容の鬼。(訪問先では、オジ様管理者を次々にノックアウトしています。)